木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています

VOL.474 今日は大暑

本日は二十四節気の一つ「大暑」です。
呼び名の通り、一年の中で暑さがピークに達し、時折スコールのような夕立が降り、湿度も不快指数も上昇する頃です。
この時期は、日射病や熱中症に注意が必要です。特に今年はマスクを着用しているので、こまめに水分補給をして、体調管理には気を付けてください。
今日は大暑


VOL.473 土用の丑

今日は「土用の丑」です。
「土用の丑」の日には「う」のつくものを食べると縁起が良いとされています。うどん、ウリ、梅干、鰻など地域によって様々ですが、私はいつも鰻を食べます。鰻は縁起が良いだけでなく、栄養も豊富なので、夏バテ防止にもなります。
今年は昨年より鰻の稚魚の漁獲量が増え、鰻の値段が少し安くなるとニュースになっていましたし、酷暑が予想されておりますので、是非食して元気に夏を乗り切りましょう。また、今年は8月2日が「二の丑」ですから2度チャンスがあります。
土用の丑


VOL.472 ぼん迎え火

ほとんどの地域では8月に行われる「迎え火」ですが、東京や一部地域では本日行われます。この迎え火は、先祖の霊が迷わず帰ってこられるように焚く火のことです。お盆のお供えものの中で「キュウリで作った馬」と「なすびで作った牛」がありますが、なぜ馬と牛かご存知ですか?これは先祖の霊を送り迎えするための乗り物とされており、迎えは早く帰ってこられるように馬に乗り、送りは牛でゆっくり帰ってもらうためだそうです。先祖を敬う日本人の気持ちがここにも感じられますね。

ぼん迎え火
ぼん迎え火


VOL.471 今日は「夏至」

今日は二十四節気の一つ「夏至」です。
この日は1年の中で最も昼間が長くなる日で有名ですね。
この時期になると田植えが終わったところが多く、水田には若緑の苗が広がっている風景が見られます。
大阪の一部では、夏至から半夏生(夏至から10~11日目)までの間に、稲の根がタコの足のように深く広く張ることを祈願して「タコ」を食べる習慣があるそうです。
その他地域によって様々な風習があります。この機会に、ご自身の地域で行われる風習を調べてみても良いかもしれませんね。

今日は「夏至」