木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.402 本日は「二百十日」

立春から数えて210日目のことで、9月1日頃を「二百十日(にひゃくとおか)」といいます。
この時期は台風襲来が多く、農家では早稲・中稲が開花期を迎えているので、農作物の被害には厳重な警戒が必要です。
台風の風の被害にあわないよう「風の盆」という豊作祈願が行われている地域もあります。
また、9月11日頃を「二百二十日(にひゃくはつか)」といい、二百十日と同じく、農家の厄日となっています。

 本日は「二百十日」
ページの先頭へ