木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.394 「ぼん迎え火」

ほとんどの地域では8月に行われる「迎え火」ですが、東京や一部地域では本日行われます。この迎え火は、先祖の霊が迷わず帰ってこられるように焚く火で、「お盆」の行事の一つです。お盆のお供えものの中で「キュウリの馬」と「なすびの牛」がありますが、なぜ馬と牛かご存知ですか?これは先祖の霊を送り迎えするための乗り物とされており、迎えは早く帰ってこられるように馬に乗り、送りは牛でゆっくり帰ってもらうためだそうです。先祖を敬う日本人の気持ちがここにも感じられますね。

「ぼん迎え火」
ページの先頭へ