木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.370 針供養

2月8日と12月8日は「針供養」という日です。
裁縫の上達とケガをしないことを願い、古くなったり折れたりした針を、豆腐やこんにゃくなどに刺して、神棚に供えたり川に流したりしました。
この日は、針仕事で使っている針を休め、女性は裁縫を休む日とされています。地方によってはどちらか一方の日だけ行うところや、両日とも行うところもあります。
近年では針仕事を行うことが少なくなり、針供養を見かける機会が少なくなっていますが、服飾関係の分野ではこの習わしが根付いており、和裁や洋裁の教育機関や企業では現在も針供養が行われています。

針供養
ページの先頭へ