木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.350 今日は「霜降」

10月23日は二十四節気の一つの「霜降」です。
この頃になると冷たい風が吹き始め、寒さも次第に強まり初霜が降り、一気に晩秋の気配が漂い始めます。紅葉していた木々も葉を落とし、秋のもの寂しさが感じられ、冬が近いことを実感するようになります。
昔は、冬支度のための炉開きや薪積み、漬物の仕込みなど雑務に追われていた頃だったそうです。

今日は「霜降」
ページの先頭へ