木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.337 今日から8月「葉月」

8月を「葉月」と呼ぶのは、旧暦では木の葉が落ちる頃なので、「葉落月(はおちづき)」からきているといわれたり、北方から初めて雁が来る頃なので「初来月(はつきづき)」が変化した呼び名という説もあります。
本日8月1日は「八朔(はっさく)」です。この時期は、稲は開花・結実する大切な時期を迎えますが、ちょうど台風が襲来する頃でもあるので、農作物に被害を受けないように田の神様に祈願する日でした。また、八朔の日に徳川家康が初めて江戸城に入城したことから、江戸時代にはこの日を特別な祝日とし、贈り物をする習わしが定着したそうです。

今日から8月「葉月」
ページの先頭へ