木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.335 「土用の丑」の日

今日は「土用の丑」の日です。
もちろん、今日の夕飯は「鰻」です!
毎年この日を楽しみにしています!
夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣が定着したのは江戸時代頃。冬に比べて脂があまりのっていない夏の鰻は売れないと困っている鰻屋に、蘭学者の平賀源内が提案したという説があります。

「土用の丑」の日
ページの先頭へ