木村通子のつれづれ Michiko's Diary

木村通子のつれづれ

神宮館社長 木村通子が日々感じたことを綴る日記です。雑感の中から、読者の皆さまにとって人生の幸せのヒントとなるようなテーマを取り上げていきたいと考えています。

VOL.331 「迎え火」

ほとんどの地域では8月13日に行われる「迎え火」ですが、東京や一部の地域では本日行なわれます。
「迎え火」とは先祖の霊が迷わず帰ってこられるように焚く火のことです。お仏壇のある家では、麻幹(おがら)(麻の茎を乾燥したもの)を門前で焚いて、ご先祖様をお迎えしましょう。
当社でも、先代社長やご先祖様をお迎えするため、毎年迎え火を焚きます。

「迎え火」
ページの先頭へ